FC2ブログ
コルクについて
2008 / 01 / 20 ( Sun )
ここでも紹介したことのある、スペースシャトル「ディスカバリー」で
野口さんと2005年に宇宙を旅した「宇宙どんぐり」は、
残念ながら芽がでていないようですが(乾燥しちゃったかな?)

スペースシャトルに通常、どんぐりはもちろん載せられていませんが、
どんぐりの木から作られたものが使われていて宇宙へ行っています。
コルクガシの樹皮から作られるコルク製の製品が断熱材として、
断熱性やその他の優れた特性から使われているそうです。

ポルトガルのコルクメーカー「アモリン(ジャパン)」のホームページの、
「コルク瓦版」で写真も見られます♪
「アモリン」は、ポルトガルにコルク博物館というものも作ったそうです。
その記事の説明文には、「紀元前3000年の古代エジプト人と他の民族が
コルク栓を使っていたことが簡潔に述べられている歴史的文献がある」
と書いてありますから、
コルクはずいぶん昔から栓として、そして現代の最先端分野にまで、
ながく人に利用されてきているんですね。

オーストラリアのコルク栓のリサイクルについても書かれていました。
日本ではコルク栓のリサイクルをやっているところはあるのかな?
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりみたいなソース入れ | ホーム | トルコナラのボタニカルアート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |