都の西北
2008 / 01 / 28 ( Mon )
オーク(Oak:どんぐりの木)は、欧米では力強さの象徴ともされています。
オークに関する歌が、軍隊の歌に採用されていられている国もあります。

早稲田大学の校歌「都の西北」は誰でも一度は聞いたことがあると思います。
私は、なにか力強さを感じさせる歌だと思っていました。
早稲田ウィークリーのHPのNews & Topics の記事で見たのですが、
早稲田大学の校歌「都の西北」は、Yale大学で昔歌われていた、
「Old Yale」という歌を下敷きにして作曲されたようです。

最近、その「Old Yale」は、1837年にイギリスで流行していた
オークの木に関する曲「The Brave Old Oak」からの借用であることがわかり、
さらに古くは、「Hearts of Oak」という曲想の似ている曲もみつかったそうです。

「都の西北」の曲の力強さは、オークの木の力強さが元になっていたのですね♪
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<オキナワウラジロガシ | ホーム | Blythe/プチブライス スクイグリースクアレル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |