どんぐりの木の枯葉
2008 / 02 / 02 ( Sat )
冬になると、どんぐりの木でも、
クヌギやコナラなどの落葉樹は葉を落としてすこし寂しい姿になります。
donguri080202_1
公園のクヌギの木(落葉樹)です。すっかり葉を落としています。
(後の緑の葉を茂らしている木は常緑樹のどんぐりの木、シラカシだったと思います。)

でもよく見てみると中には、枯葉がついたままの木もけっこうあることに気づきます。
同じ公園に、何本かどんぐりの木が植えられているので見てみると、
donguri080202_2
クヌギの木(落葉樹)です。
donguri080202_3
コナラの木(落葉樹)です。
donguri080202_4
カシワの木(落葉樹)です。
カシワの木が冬でも枯葉がついたままであることが多いのは、
「柏の枯葉」が冬の季語になっているほど昔から有名です。

ここでも何度かいろいろと書いていますが、
どんぐりの木の中の落葉樹の多くは、冬に枯葉がついたままになることがよくあります。
あまり知らない人は、木が枯れ死してしまったと勘違いしちゃうかも?
切ったり、捨てたりしないでくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<ヨーロッパナラ | ホーム | 天然記念物のどんぐりの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |