ヨーロッパナラ
2008 / 02 / 03 ( Sun )
ヨーロッパナラのどんぐりの芽が伸びて、ちいさな葉が開きはじめました。
donguri080203
室内で育てているので光を求めてすこしひょろっとしています。

ナラの木は日当たりを好む陽樹なので、
蛍光灯の弱い光だけでは大きくなれずに枯れてしまいますが、
どんぐりの中の栄養で育っている間は、蛍光灯の光だけでも大丈夫なようです。
(ひょろっとしてしまいますが)

もうすこし暖かくなったら屋外にだそうとおもいます。
室内で育てたものは、いきなり、日光に当ててしまうと
葉が日焼けして(茶色くなって枯れて)しまうので、
直射日光の当たらないところにしばらく置いてならしてから、
日当たりのよいところにだすようにしています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
<<コナラの香り?の焼酎 | ホーム | どんぐりの木の枯葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |