コナラの香り?の焼酎
2008 / 02 / 04 ( Mon )
お酒の樽といえば、日本では杉などの木が使われることが多く、
海外では、ヨーロッパやアメリカ産のホワイトオーク系の木が
使われることが多いのですが、最近では、日本で作られるお酒でも、
ホワイトオーク(どんぐりの木)の樽(*樫樽)で貯蔵させたという
(*樫樽:ホワイトオークは樫の木(常緑樹)ではなく、
落葉樹なのですが、ほとんど樫樽と表記されており一般化しています。)
お酒もたくさん見かけるようになりました。
 【天の川酒造】天の川琥珀 長期貯蔵酒 720ml
など他にもたくさ~んあります。

国産ワイン?(ウイスキー?)では、
国産のミズナラの木を使った樽を使うこともあるようですが、
他のお酒でも、どんぐりの木や他の木をいろいろ試し研究して、
国産のどんぐりの木で作られた樽で貯蔵されたお酒が作られはじめています。

国産の小楢(コナラ)を使用した樽貯蔵麦焼酎
 麦焼酎「兼八・森のささやき」34°720ml
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
<<かぶと虫の幼虫 | ホーム | ヨーロッパナラ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |