樗櫟散木
2008 / 02 / 09 ( Sat )
先日、ちいさな森のどんぐり屋さんのHPの方で、
世界のどんぐりに関する言葉のページに追加した言葉に、
樗櫟散木(ちょれきさんぼく)という言葉がありました。
----------------------
「樗櫟(樗櫟散木)」
意味:無能の人のたとえ。また、自己の謙遜にも用いる。
樗(ちょ)は、おおちの木(ニワウルシという説も)のことで、
櫟(れき)は、くぬぎの木のこと、
ともに木材としては役に立たないところから。
----------------------
荘子の「人間世」からの言葉とありましたので、
図書館で「荘子」の本を借りてその部分を読んでみました。

樗櫟というと、「無能の人のたとえ」
としか書かれていない本もあるのですが、
荘子の出典では、そうといっているばかりではないようです。
他のいろいろな意味が込められているのかと思います。
興味のある人は読んでみてください。
ネットでも「櫟社の散木」などで検索すると
要約の書かれているサイトもあります。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<日韓における堅果食文化 | ホーム | ターシャの庭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |