ディオスコリデスの薬物誌
2008 / 02 / 22 ( Fri )
図書館で、「ディオスコリデスの薬物誌」という本を見ました。
(「ディオスコリデスの研究」という本も)

ディオスコリデスは紀元1世紀(2000年程前です)、ローマ帝国時代の人で、
「マテリア・メディカ(De Materia Medica)」という
動植物(植物は絵があるものもあります)、鉱物などの薬効がかかれている
それ以降の薬学に大きな影響を与えた本を著したことで知られています。

日本語の翻訳本「ディオスコリデスの薬物誌」があることを知ったので、
見てみたのですが、植物(500種程)、動物(糞や尿、ヘビのぬけがらなども)、
鉱物(土)など、幅広く書かれていて、
どんぐりやどんぐりの木、どんぐりの木の虫こぶ(1巻-142~146,4巻-48、80)
などの薬効についても書かれています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(1) | page top↑
<<強風 | ホーム | どんぐりの木の巨木・名木>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/12/17 12:48 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |