FC2ブログ
ミズナラ
2008 / 02 / 24 ( Sun )
今日も、すごい風でした。
根張りのあまりよくないポット植えの外国産のどんぐりの苗木の一つが、
夜に土が凍って浅い根が上に持ち上げられたため、
風に耐え切れずにポットの外に飛び出てしまい、
かろうじて耐えた根1本でポットの土とつながっていました。
朝、きちんと植えなおしたのですが無事だとよいです。

借りていた本を返しに図書館へ行くついでに、
自宅からいちばん近くにあるミズナラの木を久しぶりに見に行ったのですが、
donguri080224_1
ミズナラの木はすっかり取り払われていました。(穴だけです)
道路により分断された梨農家の小さな離れ土地?のようで、
人の背丈よりすこし高い位置で切りそろえられた樹木が植えられていました。
若いミズナラの木も数本植えられていて、毎年剪定をされていましたが、
秋にはどんぐりを数個だけつけることもありました。
以前から、隣接する土地が空き地で、そこに道路も新しく作られ、
開発されるのではないかと思っていましたが・・・
他の種類の木はまだ何本か残されていましたがどうなるでしょう。
donguri080224_2
おととしのミズナラの木(隣りにはもう工事用のフェンスが立てられています)
近所には、コナラの木はよく植えられているのですが、ミズナラの木は少ないです。
(見分けるポイントは、葉柄(葉っぱ根元の細い部分)で、
葉柄がほとんどなく枝に葉が直についているように見えるのがミズナラです)

近くの梅園?の中には、もう梅の花が開きかけているところもありました。(春ですね)
帰宅後には、私のお鼻がまっかになりました。(花粉症です)
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 49 : 35 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<縄文人の末裔たち | ホーム | 強風>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |