残されたどんぐり
2008 / 03 / 23 ( Sun )
暖かい日がつづいています♪
家でも、落葉樹のどんぐりの木の苗木の冬芽はまだ芽吹いていませんが、
2年目になる常緑樹のどんぐりの木の小さな苗木がいっせいに芽を開き始めました。

今年は花粉が多いので、あまり公園のどんぐりの木の観察をしていないのですが、
車でお買い物に出かけたついでに、公園のへりのどんぐりの木をみてみました。
公園の木でも、まだ冬芽は開いていないようです。
donguri080323
木の下には、去年の秋のどんぐりがまだたくさん残っていました。
コナラとシラカシ、アラカシが並んで植えられている下なので、
たぶん、細長いのがコナラで、短いのがシラカシかアラカシのどんぐりです。
公園のヘリなので乾燥してしまったのでしょう、芽のでているものはありませんでした。
いつまで残っているのかな?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 55 : 52 | どんぐり | コメント(0) | page top↑
<<テオフラストス植物誌 | ホーム | チャンピオンツリー(Champion Tree)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |