ヨーロッパナラの雌花
2008 / 04 / 28 ( Mon )
鉢植えのヨーロッパナラの木に雄花がついたことは、
先日の日記にかいたのですが、
donguri080428
今日見てみると、雌花もでてきていました。

枝先についた柄の先に雄花が2~3個ほど、
(ヨーロッパナラにはPedunculate Oakという別名もあり、
雌花(どんぐりになる部分)には長い柄がついているのが特徴のひとつです。)
枝先からすこし下に雄花がついています。

ヨーロッパナラは風媒花で風で花粉を飛ばして受粉させます。
小さな鉢植えの木なので、ほおっておいたら受粉するかどうか不安なので、
花粉がもうでている雄花を切り取って雌花に花粉をつけました。
数日後に、またやってみようと思っています。
どんぐりが実るか楽しみです♪
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
<<木を使った芸術1 | ホーム | カシワの木の芽吹き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |