櫟野寺
2008 / 05 / 30 ( Fri )
櫟野寺(らくやじ)は、通称「いちいの観音さん」と呼ばれる
滋賀県甲賀市甲賀町櫟野にある、
近江西国三十三箇所観音霊場の第二十九番札所にもなっているお寺です。

最澄(伝教大師)がこの地を訪れた時、
櫟(いちい)」の巨木から霊夢を感じ、生樹に彫刻しこの地に安置したのが、
寺の本尊の十一面観音坐像であると伝えられているそうです。

すこし前までは、昔の名残りである「櫟(いちい)」の巨木が1本残っていたのですが、
残念ながら、今は枯れて?切られ切り株だけが残されているそうです。
切られた木の一部は、木と趣の店「木楽屋」さん(HP)で見られるそうです。
「木楽屋」さんのブログではこの「櫟(いちい)」はイチイガシとのことです。

」は複数の辞書などで調べると、
ブナ科の「クヌギ」「イチイガシ」、イチイ科の「イチイ」の3種の樹木がでてきます。
なかなか「ややこしや~」です。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<お風呂場にどんぐり!? | ホーム | ややこしや~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |