コナラの木
2008 / 06 / 02 ( Mon )
公園の一本のコナラの木の数箇所に傷があるのを見つけました。donguri080602_1
木屑と少しの樹液がでています。何の穴でしょうか?
樹液は、木を食べるボクトウガの幼虫やカミキリムシの幼虫が、
木に穴をあけたところからでることが多いそうです。
ボクトウガの幼虫は木の表面にでてきて樹液を吸いにきた
小昆虫を捕らえて食べることもあるそうです。

堤防の道の上で、ここで写真を紹介したことのある
ヨコズナサシガメが歩いているのを見かけました。
外来種で、木の表面にでてきたボクトウガの幼虫をつかまえて
尖った口で体液を吸うこともあるみたいです。
最近、樹液がでている木が減ったように感じるのは、
ヨコズナサシガメが増えたせい?


コナラの穴が、ナラ枯れの原因の、
カシノナガキクイムシの穿入孔でなければよいですが。

<おまけ>
城山公園を歩いていると、道の向こう側に喫茶店発見!
donguri080602_2
名古屋ではそこらじゅうで見かける「コメダ珈琲店
東京にも進出していたんですね。
名古屋では当たり前のモーニングサービスもあるみたいです。
奥様達はご近所さんと井戸端会議しながら、
モーニングサービスで朝食しているのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<公園のどんぐりの木 | ホーム | ピーターパン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |