落葉無き椎の木
2008 / 06 / 27 ( Fri )
江戸の「本所七不思議」に「落葉無き椎の木」というのがあります。
見事な椎の木なのじゃが、不思議と落葉が一枚もなかったそうな。
そのため、それにまつわるいろいろなお話が作られたそうな。

落葉無き椎の木」は平戸新田藩松浦家上屋敷(今の両国公会堂付近)
にあったといい、隅田川を行く舟の目印になるほど大きな木だったそうです。
今はその「落葉無き椎の木」はもうないそうです。

芥川龍之介(本所育ち)の「本所両国」という文の中に、

・・・「椎の木松浦」のあつた昔は暫く問はず、
「江戸の横網鶯の鳴く」と北原白秋氏の歌つた本所・・・

と書かれています。
落葉無き椎の木」は、関東大震災まで存在していたらしいので、
龍之介は幼少の頃に見ていたのかもしれませんね。

「両国公会堂」のある「旧安田庭園」にはたくさんの椎の木が植えられています。
donguri080627
旧安田庭園の椎の木
この椎の木も、もしかすると「落葉無き椎の木」の子供たちかも?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<連理の賢木 | ホーム | 家康公お手植えのしいの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |